男性と女性

マンション売却は慎重に|信頼できる業者選びが重要

流れやかかる期間

相談

依頼から新生活開始まで

月々の住宅ローンの返済が遅れると、債権を有する金融機関から、返済が催促されるようになります。返済が難しい場合には、この段階で金融機関に相談することで、負担の少ない返済プランに変更してもらうことが可能です。しかしそれでもスムーズに返済できないという場合には、任意売却を選択する必要性が生じてきます。なぜなら返済遅延を続けていると、住宅が金融機関の手に渡ることになるからです。任意売却を決めた場合には、まずは専門業者に相談し、サポートを依頼します。相談では具体的には、住宅ローンの残高や収入、住宅の場所や広さや築年数などを伝えます。すると専門業者は、依頼主にとって最も条件の良い方法での任意売却をプランニングします。たとえば、早期解決を目指すプランや、住宅ができるだけ高く売れるように時間をかけて宣伝するプランなどです。いずれの場合も専門業者は、最初に金融機関と話し合って、任意売却における同意を得ます。その後、住宅を宣伝しながら買い手を募り、売買契約や登記手続きなどを進めていきます。そして売買が完了すれば、売却代金から仲介手数料を差し引き、残りを住宅ローンの返済分として金融機関に支払うのです。ただし事前に相談しておけば、この売却代金の一部を、新生活の準備金として使うことが可能となります。たとえば新居を借りる際の敷金礼金や、引越し業者に支払う代金として、ある程度まとまったお金を手元に残すことができるのです。これが任意売却の流れですが、早ければ専門業者に相談してから約3ヶ月で、多くの場合は約6ヶ月で完了します。